つぶやき2016年03月05日 18:49

昔、浄土ヶ浜に行った時だと思うけど、栄螺の壺焼きが売られていて、とても美味しかった。もし、あれがつぶであったら、つぶ焼きになるのかな、などとつぶやきながら念のためネットで調べてみた。浄土ヶ浜の某食堂が確かにつぶ焼きならぬ、焼きつぶを出していた。だからどうということもないのだけど、何故か満足。

つぶ貝は巻貝である。右巻きも左巻きもあるが9割は右巻きである。遺伝の問題もあるのだろうが私には右巻きが9割の理由は10割かたわからない。

実はもう10年以上も前のこと、珍しい建物を集めた本が出た。その本の中に「なにこれ珍百景」のような家が載っていた。蛸を真似た家。ちゃんと足も8本、丸い頭があり目が窓になっている。その時思いついたのだが、青森名物はホタテ。蛸の家が出来るのならホタテの家は簡単な筈。ホタテの形をした掘っ立て小屋。これはいける。ホタテ料理がメインの居酒屋。貝焼きにしてもいいし、刺身や貝柱も美味しい。絶対流行ると思う。

しかし最近中国ではこの手の奇抜な建物が流行っていて景観を損なうとのことで異例の禁止令が出たとか。とするとホタテ小屋もダメかな?

そういえば昔八戸の居酒屋で法螺貝に新鮮な刺身の盛り合わせを出していたところがあった。結構美味しかったのだけど何故かしらつぶれてしまった。残念。「法螺貝です」と言って出していたけど、あれは何かの駄洒落だったのだろうか?

それにしても、この頃のつぶは小さい。昔はもっと大きかった。何もこんな小さなつぶまで取らなくてもとついつぶやいてしまう。まぁ本音はもっと大きなのを食べたいということだけど。
そこで一句

  焼きつぶに つぶやく我も 小粒かな

そこでまたまた話が変わるのだが、会津若松の飯盛山に栄螺堂なる建物がある。登りと下りの階段が違っていて上がる人と降りる人が途中で会うことがない。ピサの斜塔のように少し傾いているように見えるこの木造の建物が1798年・寛政8年に建てられたというからすごい。今見ても奇抜なのだから昔の人はびっくりしたでしょうね!
でもこんな建物、建ててみたいなぁ!

天然呆け2016年03月21日 12:45

具志堅用高が何かのクイズ番組で残り数秒以内に正解ならチームが100万円貰えるという時に、出た問題が東照宮の眠り猫。正解は当然、「左甚五郎」。誰もがこれで確実に「100万円ゲット!」と思った。
ところが何と具志堅の答が「猫~!」だった。途端にみんな「ダー!」とズッコケて100万円は夢と消えた。

この手の二大巨頭のもう一人は中村玉緒であるが、何とうちのかみさんもなかなかのものなのである。

先日も「お父さん!お父さんの右足と左足、色が違ってる!脳出血のせいじゃない?」と言って騒ぐ。正解は、単に蛍光灯の陰のせい。騒ぐ程のことでもないのだが。どんな笑いも天然呆けには敵わない。

先日も息子の書いた文章を読んで、「365度とか書いてあって面白かった」と言うから、365度?「浮世絵を見た人が180度いや359度印象が変わった!それって1度ということ?」と書いてあったよね。359度だと円は360度だから差し引き1度しか印象が変わってないということだよね、というと、「え?あ!そうなの?それは知らなかった」と言って笑う。
それじゃ一体何が面白かったのかとちょっと理解に苦しむ。

「天然呆けだね~!」と本人が言うのだから間違いないのだろうけど、それで又ひとしきり笑ってしまった。

それにしても欠伸に返事をしたり、くしゃみに返事をしたり、何も言っていないのに聞
き返されたりするとこちらも何と答えていいか返事に困ってしまう。

何かと話題の尽きない我が家である。