吉田初三郎コレクション2015年11月12日 14:44

2006年に八戸博物館で吉田初三郎展が開催され、たまたまそれを見て驚いた。八戸にこんなすごい人が住んでいたんだと初めて知らされた。そして2007年、オークションのカタログの中に吉田初三郎の鳥瞰図の原画が載っていた。「八戸にゆかりのある人だから一点くらい八戸にあってもおかしくないのでは」と思って入札したのだが、まさか落札出来るとは。4メートルを超える高野山の鳥瞰図の原画である。

そのニュースが新聞の一面に取り上げられた。そしてネットに流れ、各所から反応が現れてあっという間に初三郎のコレクターとなった。だから人物の把握がまだ出来ていないうちにトップクラスのコレクターになってしまったのである。普通であれば十年以上もかかる量の資料が一辺に集まってしまった。誠に幸運なことであった。

八戸には、古い文化や芸術を楽しむ場所、先人を尊ぶ施設も不足しているなぁーと思っていた。その思いが通じたのだろうか?その意味でも吉田初三郎という人はとても貴重な人に思えたのである。街の文化のためにも埋れさせてはいけない。聞くところによると、吉田初三郎の記念館や資料館はまだ全国にないという。これからどう育てていくか、楽しみな部門である。

コメント

_ がんばろう八戸 ― 2015年11月13日 07:32

ホームページアップされてミュージアムの目的や所蔵品が分かりやすくなりました!今後も八戸のために頑張ってください!!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kanchoblog.asablo.jp/blog/2015/11/12/7904926/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。